赤い繭

小説家安部公房の短編小説「赤い繭」
の装丁デザイン。
主人公の荒々しさと居場所のない状況をより体感できる設計を試みました。

この短編小説は表紙がなく、
1ページ目から文章が始まっている。

アートドリープ紫雲という粗目がある半透明紙を使っています。それによって、紫雲は手触りが荒くなり、背面の字まで助けて見えます。

文字を完璧に揃えず、
要所要所で文字をずらしています。

これらのデザインは全て、主人公の「居場所のない」状況を体感するためであり、読んだ時に強烈な印象を与えます。
明確なコンセプトを基にタイポグラフィ、グラフィックデザインだけでなく紙質、製本方法などのプロダクトデザインの思考からもアプローチした作品です。